ダイエット無料紹介所☆

ダイエットといっても何をしていいかわからない…もうリバウンドは繰り返したくない! あなたにぴったりのダイエット方法を探してくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

早く肉をやめないか?―狂牛病と台所革命

早く肉をやめないか?―狂牛病と台所革命 (狂牛病と台所革命) (単行本)
船瀬 俊介 (著)


商品の説明

日経BP企画
早く肉をやめないか? 狂牛病と台所革命
ベストセラー『買ってはいけない』の著者が、狂牛病の正体から現代人の食卓への影響までを書く。狂牛病は動物が同種の肉を食べることにより体内に生まれる異常なたんぱく質が原因だ。牛だけでなく、親族の死体を食べるニューギニアの種族や、産後に胎盤を食べる羊に狂牛病によく似た病気の発現例が多いという。また、当初から対応のまずさが指摘される日本政府の動きを整理しているが、改めて政府の危機感のなさが浮き彫りにされる。
 本書は最後に肉を食べない生活を提案しているが、肉好きの現代人にとってそれは「言うは易し…」というのが本音だろう。論調が「肉悪者論」に偏り過ぎるきらいはあるが、冷静に一読し、目の前の肉を食べるか否かを判断する材料の1つにしたい。


(日経ビジネス 2001/11/12 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)


内容(「BOOK」データベースより)
死の病原体はイギリスを発火点にフランス・ドイツなどヨーロッパで猛威を振るっている。しかもその感染力は種の壁を超え、食肉を通してついに牛から人間へと至った。狂牛病の潜伏期間は10年から20年。忘れたころに発病し、脳がスポンジ化しつつ衰弱死を迎えるという、悲惨な病症だ。それが海を越え、もう日本に侵入している。本書はその真相を伝え、自分と家族を守る方法を説いた。



レビュー
数年前に読みましたが、アメリカ産牛肉輸入再開が報じられている
今の時期に読んでみるのもいいのではないでしょうか。
今でこそ牛肉には注意しなくてはいけないという意識を多くの人が
持っていますが、この本が書かれた当時は物議を醸したものです。
そう言う意味では筆者の勇気を評価したいし、この本に批判的な
人たちが、今どんな感想を持っているか、興味があります。
ちなみに、私も肉はあまり食べませんが、体調に問題はありません。


BSEが大問題になった2001年に出版された本ですが、単にBSEを論じるのではなく、肉全般について掘り下げている内容となっております。本書で船瀬さんがご指摘されたように、2004年に安全なはずのアメリカ牛で狂牛病が発生し、タイ・中国で鳥インフルエンザが発生しています。
マクロやベジの方ならあたり前のように読める内容かと思いますが、レンダリング・プラントのあたりはさすがに刺激が強すぎます。レンダリング・プラントの本当の実態は大手マスコミにほとんど出ないので、船瀬さんの身の安全が心配になるほどです。

アルツハイマー患者は全米に400万人程度いるが、症状が狂牛病に似ているため、誤認されている可能性が高いという学者の意見は背筋が凍ります・・・

いずれにせよ、エネルギーを大量に消費する肉食は近い将来に高級食、つまり年に数回のご馳走になる可能性が高いのは人口増加数からも明らかだと思います。


知らぬが仏というでしょう。知っているから怖いのですね。総合的に見て病気でないだけで、科学的にはもうあなたは狂牛病です。だから、次の世代までの間で止めるようにしましょう。この本の価値はそこにあるでしょう。


著者は「あぶない電磁波」の著者であり、「買ってはいけない」の執筆者の一人でもある。
いわゆる環境ゴロといえ、いま日本でこういった科学的根拠に欠けた、一般大衆に恐怖感を抱かせる啓蒙書を書かせたら一番であろう。
このていどの本に踊らされる大衆を見るのもまた面白いが、風評被害の蔓延を見るにつれ、著者対して不快感以外の何も感じない。



スポンサードリンク
スポンサーサイト

活躍する管理栄養士―16人のキャリアデザイン

活躍する管理栄養士―16人のキャリアデザイン (単行本)
田中 浩子 (編集)


商品の説明

内容(「MARC」データベースより)
「管理栄養士」という職を選んだ16人が、どのようにして自分がしたい仕事にたどり着いたのか、そして、これからの管理栄養士はどうあるべきなのかを、今を生きる1人の人間として、自らの言葉で語る。

著者からのコメント
管理栄養士16人が、どのようにして自分がしたい仕事にたどり着いたのか、そしてこれからの管理栄養士のあり方について自らの言葉で語っています。
管理栄養士をめざしている方、そしてすでに管理栄養士として仕事をしておられる方、資格を持っているけれども大事に仕舞いこんだままになっている方、そして管理栄養士をあまりよくご存知ではない方、これから管理栄養士と一緒にビジネスしたい方、読んでいただければ幸いです。


レビュー
著者が冒頭にて「キャリアとは生き方そのものと、その表現の仕方である」と書いておられるが、
その一文と副題にある「キャリアデザイン」という言葉が、この本を的確に表現していると思う。
登場人物すべて「栄養士」という職を得て社会に貢献しているが、その職域も仕事内容も同じものは一つもない。
読み進む程に、人間としての個性とその職域が化学反応を起こし、現在の仕事を培ってきたのだと理解できる。
誰しも迷い、壁にぶつかり、それでも前に進まねばならない。
活躍している人ほど見えない部分でたゆまぬ努力を積んでいるのだと教えられた。
そして、「自分に合った職業は何なのか」それは誰もが持つ悩みだが、この本の登場人物達のように、
ありのままの自分で最大限の努力を続ければ、人間は適材適所に導かれるのだということを学んだ。
自分だけの人生には、自分だけのキャリアデザインを描こう。そして自分だけの道標を掴み取ろう。
この本を読んで改めてその思いを明確にできたことに感謝したい。


「管理栄養士」になりたくて、本を買ったわけではありません。しかし、何か資格を持っていると、いろいろな活かし方があるのだと気付きました。全員の方に共感した分けではありませんが、「職業」の幅広さと奥深さの中に、ヒントをもらいました。
職業選択に悩んでいる学生さんや、何かしたいのだけど何をしたら良いかわからない若い方、私のように、子育てを終えた年齢層まで、きっと何かが見つかりますよ。
「元気」と「勇気」をいただきました。


16人の方々が、どうやって今の道に歩んでこられたか、興味深く読ませていただきました。
皆さん決して順調に進んでこられたわけではなく、山あり、谷あり、また結婚、出産などともうまく付き合ってこられたことに感心し、読んでいるうちに、やればできるんだという勇気が湧いてきました。
 実は、私も大学卒業時、管理栄養士の資格を取りながら資格を活かした仕事に就けず、そのまま結婚、出産と年を重ね、なんと40歳をすぎてから管理栄養士として働き始めました。
最初は、この大ブランクを埋めることに、あせったり不安になったりしましたが(今はいなおっています)、この本を読んでさらにがんばっていこうというやる気がでてきました。
  16人の方々にカンシャ!




スポンサードリンク

わかる食品表示[基礎とQ&A]

わかる食品表示[基礎とQ&A] (単行本)
垣田 達哉 (著)


商品の説明

内容(「MARC」データベースより)
食品表示に関する基礎知識について、できるだけ平易な言葉で、オリジナルの図表も数多く使い、わかりやすく解説する。青果、鮮魚、精肉の生鮮3品や加工品の表示の基礎、よく分かるQ&A123項目などを収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
垣田 達哉
1953年生まれ。77年慶應義塾大学商学部卒業。テック電子(現東芝テック)など流通関連会社にて、添加物表示、衣料品表示、バーコードシステム商品などの企画、開発を担当。91年の添加物表示の大改正のときには、テック電子の担当責任者として、スーパーや百貨店、食品メーカーや問屋向けに、全国で講演。現在、食品表示アドバイザーとしてテレビ番組や新聞紙上で論評や執筆活動を続ける一方、全国各地で表示問題を精力的に講演している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


レビュー
垣田さんって、「世界一受けたい授業」だけじゃなく、
「TVタックル」にもよく出演されていて、たけしさんや大竹まことさん、
当時の武部大臣なども一目おかれていた食品問題のスペシャリストですよね!

今回の食品表示の本は、食品を扱うプロ向けなんですね。
データや実例が満載で(これ、作るのけっこう大変だったと思いますが!)。

一消費者の私にも、とても有意義な本でしたよ。
最近、健康が気になっていて、ロハスやデトックスにはまってるんです。
買い物するときには、必ず表示ラベルをじっくり読むのですが、
この本がすごい参考になりました。
それに、正確な表示をしているかどうかで、
そのお店が優良か、信頼できるかどうか判断できることに気付きました。
食品を扱うすべての小売業の方に、ぜひ読んで欲しいと思います。


日本テレビの「世界一受けたい授業」やテレビ朝日の「ビートたけしのTVタックル」で見たことがある人だったので、読んでみました。

 とにかくすごい!

牛肉の原産国のウソツキ表示や、加工食品の賞味期限、納豆などの遺伝子組み換えなど、日ごろから食品の表示に対する興味は高まるばかりでありますが、そんな表示の方法や仕組みを、カンペキに、やさしく、説明してくれます。

 さらにいろいろと最近の行政の動きも教えてくれる。

 「Q&A」編では、個別の具体的な商品の表示の仕方を、これまたやさしく書いてある。知識欲をそそられます。

 一息つけるコラムも「あ、そうなんだ」と目からウロコ落ちまくり。

 どうも小売業向けに書かれているみたいだけど、消費者が手元に置けば、悪どいスーパーも見分けられるかも。

 そういえば、魚の売場を見れば、スーパーの良しあしがすぐわかるなんて、確か書いてあったような…。

 そうそう、日本で12カ月間育てられ、外国で18カ月(オーストラリアで10カ月間、台湾で8カ月間)育てられた牛の原産地表示で正しいのはどれかわかります?
      1)外国産(オーストラリア、台湾)
      2)国産
      3)オーストラリア産

 …ふっふっふっ、この本を読めば、すぐわかるよ(笑)。



スポンサードリンク

クレージー・メーカー―脳を壊す食品をなぜつくるのか

クレージー・メーカー―脳を壊す食品をなぜつくるのか (単行本)
キャロル サイモンタッチ (著), Carol Simontacchi (原著), 脇山 真木 (翻訳)


商品の説明

出版社/著者からの内容紹介
ファーストフードや冷凍食品等の不自然に美味しいアメリカ食は脳をおかしくする。「狂気を作る食品」の摂取に警鐘を鳴らす米国の学者による栄養学版『沈黙の春』。

内容(「BOOK」データベースより)
キレる、無差別殺人、ひきこもり症…。化学物質でこてこてに加工され、不自然に美味しくされたファーストフードや冷凍食品が脳をおかしくする。栄養学版『沈黙の春』。


レビュー
アメリカに留学しているときにも思いましたが、アメリカ人の食事ってすごく量が多い。もう食べれないと食事を残しているのに、「デザートはどうですか?」って聞かれて、おいおいまだ食べるのかよと思ったし、ジュースはファーストフードで飲むと、ドリンクバーと同じで何杯でもおかわりが可能。普通に考えても健康であるはずがないです。
それに骨折して松葉杖をついている人も結構多く、それはなぜなんだろうと思っていました。
でも、この本を読むとアメリカの現状と、アメリカの数年あとを追っている日本の将来の食生活が見えてきます。といっても、残念ですがほとんどが今の日本でも起こっている。
精神的に落ち着かない人も、この本を読むと食生活が悪いために症状が起こっていることに気づくかもしれません。


記述してある内容に関しては、私は納得できることがほとんどである。
実はお米を売っているのですが、このお米だけの問題でも多くの問題があります。しかし、一個人でうかつなことを主張すれば、名誉毀損や営業妨害等で告訴されるだけです。証明責任は告発者にあり、かりに内部告発を考えても「雪印乳業事件」のように、告発者が逆に倒産においこまれるのが今の日本の現状です。法律にはさからえません。自分の身は自己責任で守るというスタンスで、こういうこともあるのかもと読んでみられても良い本だと思います。


「クレージーメーカー」は本当にすごい本です。難しい内容なのに、とても読みやす
い翻訳に敬服しています。一人でも多くの人に、特に若い人たちにぜひ読んでほしい
本です。アメリカに住んでいる友人にこの本を送りました。


最近TVで健康番組が人気ですが、この本を読むと
それらの番組のスポンサーが食品会社であるという
事に気づきます。
体に悪くなくても、脳に悪影響を及ぼす食品であふ
れている。非常に深刻な問題です。
是非一読を。



スポンサードリンク

「食べもの神話」の落とし穴―巷にはびこるフードファディズム (ブルーバックス)

「食べもの神話」の落とし穴―巷にはびこるフードファディズム (ブルーバックス) (新書)
高橋 久仁子 (著)


商品の説明

出版社/著者からの内容紹介
「体によい」「体に悪い」「飲めば痩せられる」……どこまでホント?

〈信じるまえに、ちょっと待った!〉
●砂糖不使用だから、カロリー控えめ?
●ポリフェノールはワインとチョコだけに含まれている?
●ご飯は太る? スパゲッティは太らない?
●野菜ジュースは野菜を食べた代わりになる?
●アルカリ性食品で血液をアルカリ性に変える?
●ポテトチップスに有害物質?

誤解だらけの食情報を検証する
アミノ酸は体によい? ワインはアルカリ性だから、体にやさしい? ビタミンは、天然がよくて、合成はだめ?
健康との関連で食を語ることが「常識」となった今、確かな根拠がないままに、まことしやかに語られる「食べもの神話」の数々を科学的に検証。
食べものが健康に及ぼす「効能・効果」を過大(あるいは過小)に評価する「フードファディズム」から身を守り、正しい食の知識を身につける!


内容(「BOOK」データベースより)
アミノ酸は体によい?ワインはアルカリ性だから、体にやさしい?ビタミンは、天然がよくて、合成はだめ?健康との関連で食を語ることが「常識」となった今、確かな根拠がないままに、まことしやかに語られる「食べもの神話」の数々を科学的に検証。食べものが健康に及ぼす「効能・効果」を過大(あるいは過小)に評価する「フードファディズム」から身を守り、正しい食の知識を身につける。


レビュー

科学的根拠が無く噂に過ぎないものから、巧みな宣伝広告により信じ込まされてしまったものまで、様々な「食べもの神話」を解き明かし、「栄養はバランス良く摂る」「食べ物は薬でも毒でもない」「食生活のみが病気の原因ではない」と言った当然とも言えることを納得させてくれる著作となっている。

健康に良いとされる特定の成分を他よりも多めに含んでいるだけの食品が過剰に推奨されていることや、天然・植物性・アルカリ性と言う単純な区分けでそれを良しとしてしまうことなど、様々な神話を示し、科学的データを元にそれを検証している。
また、清涼飲料のキャッチコピーの分析も見事で、「アンバランスな現代人の食生活を考えた…」との一節は「アンバランスな現代人の食生活を改善してくれる」を意味しないことなどを的確に指摘している。
現代にはびこる食べもの神話のほとんどは、健康やダイエット関連で売り上げを伸ばそうとする食品・飲料メーカーや製薬会社、出版社、放送局などの意向が強く働いているではないかと思えてくる。


フードファディズム(food faddism)という聴き慣れない言葉がある。食品が健康や病気に与える影響を大げさに評価したり信奉したりすること、つまり「食品情報の煽動」である。
具体的には「紅茶きのこ」「酢大豆」「野菜スープ」等の健康効果を謳う食品が爆発的に流行したり、反対に「砂糖は太る」「炭酸は骨を溶かす」や「自然」で「植物性」のものがよく、「人工」「動物性」は悪いといった根拠もなく判断する傾向のことをいう。
著者は「万能薬になる食品も、有毒物のようになる食品も基本的にない」とし、食品栄養学の立場から様々な食品情報を検討しフードファディズムの横行を警告している。
「食べもの神話」に惑わされるのではなく「バランスの取れた食生活」が大事なことを教えてくれる本である。




スポンサードリンク
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。