ダイエット無料紹介所☆

ダイエットといっても何をしていいかわからない…もうリバウンドは繰り返したくない! あなたにぴったりのダイエット方法を探してくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

何を食べるべきか―栄養学は警告する (講談社プラスアルファ文庫)

何を食べるべきか―栄養学は警告する (講談社プラスアルファ文庫) (文庫)
丸元 淑生 (著)

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
最新の栄養学に基づく、身体に望ましい家庭料理を提唱する料理・栄養学研究家の丸元淑生が、栄養学の地見から現代の食事の問題点を検証する。近年、急速に欧米化した日本の食は、栄養的にもすぐれた伝統的な食事から懸け離れてしまった。われわれが何を食べるべきかの選択は、身体と精神に大きな影響を及ぼすだけでなく、地球全体の環境と経済にも深く関わる事柄であることを栄養学は警告している。『生命の鎖』に最新データを加えて文庫化。

著者紹介
1934年、大分県の生まれる。東京大学文学部仏文科を卒業。作家、栄養学ジャーナリスト、料理研究家。株式会社ウェル栄養料理研究所を主宰。最新の栄養学に基づく、身体に最も望ましい食事を研究、発表している。
著書には『悪い食事とよい食事』(新潮文庫)、『丸元淑生のクック・ブック』(文春文庫)、『たたかわないダイエット』(マガジンハウス)、『丸元淑生のシンプル料理』『丸元淑生のシンプル料理2』『キッチン・バイブル』(以上、講談社)、訳書に『奇跡の食品』(角川春樹事務所)などがある。


レビュー
本書で特に印象的だったのは、
1)米国農家が直面する問題(あたかもプランテーションの現代版)
2)ポストハーベスト農薬の深刻さ
3)住まう地域に応じた食べ物があるという摂理
4)街づくりと市場の関係
です。とりわけ、3)と4)に関しては、地域や民族の枠を超えた普遍性があります。
魅力あふれる旅先で、土地の名産がなぜ美味なのか、こういう切り口でみれば非常に納得がゆきます。
又、いま物議をかもしている食育や健康等の問題を、さらにマクロ的な視野でとらえ分析した著者の慧眼には驚くばかりです。


商品の詳細

文庫: 338ページ
出版社: 講談社 (1999/01)
ISBN-10: 4062563134
ISBN-13: 978-4062563130
商品の寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm


スポンサーサイト


スポンサードリンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。