ダイエット無料紹介所☆

ダイエットといっても何をしていいかわからない…もうリバウンドは繰り返したくない! あなたにぴったりのダイエット方法を探してくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

牛乳には危険がいっぱい?

牛乳には危険がいっぱい? (単行本)
フランク オスキー (著), Frank A. Oski (原著), 弓場 隆 (翻訳)


商品の説明

出版社/著者からの内容紹介
完全食品のはずの牛乳が、実は身体にさまざまな不調をもたらしていた…。最も身近な食品の驚くべき実態について、米国医学博士が多くの資料などをもとに鋭く指摘。

内容(「BOOK」データベースより)
あなたはウソの健康情報を信じていませんか?にきび、貧血、アレルギー、心筋梗塞、脳卒中、がん―アメリカ医学界の権威が明かす、驚くべき事実の数々。


私は多いときで、一日に1リットル以上の牛乳を飲む。子供の頃は、まさに「水代わり」に飲んでいた。
だが最近、「安い牛乳には、牛に与える色々な薬品がそのまま含まれている」といった話を聞き、ちょっと気になっていた。
健康の為にと推奨される牛乳に、そんな危険が本当にあるのか?

この本は、私の疑問に明確に答えてくれた。

なるほど。栄養を摂取するには不完全で、しかも健康ではなく病気の要因になる。極端な言い方だとは思うが、「難病の原因は牛乳」であり、「牛乳は青少年の精神面に悪影響を及ぼす」(「成人であれ子どもであれ、不眠、不安、抑うつをもっとも引き起こしやすい食品は牛乳だと主張する精神科医もいる」)、と。

原著は1983年、アメリカで刊行されたものだ。二十年以上経った現在の日本で、本書の内容がそのまま当てはまるとは思わない(と言うか、思いたくない)。
それでも、自分と牛乳との関係を見つめなおすには充分な内容だった。

私は今後も牛乳を飲むことはやめないだろう(ある意味嗜好品であり、急に「危険だからやめろ」と言われてもやめられるものではない)。
しかし、店頭で選ぶときは、その種類についてより慎重になるはずだ。
喉が渇いたからといって、無節操に飲むこともやめる。
自分の食生活そのものについても、色々と考え直さなくてはいけない。

私は幼い頃から、牛乳を薦められそして喜んでそれを飲んできた。
しかし、将来自分に子どもが出来たとき、私は牛乳を薦めることは出来ない。


牛乳は本当に体に悪いのだろうか…と思って、何冊か本を読んだうちの1冊です。
私の結論としては、やはり飲まない方がいいようだ、です。最新の栄養学説を見ても。

最近のカルシウムのサプリメントを見ればわかりますが、ほとんどがマグネシウムも一緒に
配合されています。マグネシウムがなければ十分に吸収されないからです。しかし、牛乳には
マグネシウムは含まれていません。これだけでも、カルシウム補給には不適切とわかります。

また、「低脂肪牛乳」があることからわかるように、普通の牛乳は「高脂肪」牛乳です。
乳糖不耐性の問題もありますし、確かに牛乳には身体にいい成分も含まれているかも
しれませんが、それ以上に身体に悪い成分が多いようですね。

「私の子供たちは毎日牛乳をたくさん飲んで元気に育っています(だから牛乳は安全です)」というのは、
「私は毎日タバコをたくさん吸っていますが元気なので、タバコは安全です」というのと同様に
ナンセンスです。「一例だけで」「ほんの短期間だけで」のデータは、統計的に意味はありません。


スポンサーサイト


スポンサードリンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。