ダイエット無料紹介所☆

ダイエットといっても何をしていいかわからない…もうリバウンドは繰り返したくない! あなたにぴったりのダイエット方法を探してくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

「食べもの神話」の落とし穴―巷にはびこるフードファディズム (ブルーバックス)

「食べもの神話」の落とし穴―巷にはびこるフードファディズム (ブルーバックス) (新書)
高橋 久仁子 (著)


商品の説明

出版社/著者からの内容紹介
「体によい」「体に悪い」「飲めば痩せられる」……どこまでホント?

〈信じるまえに、ちょっと待った!〉
●砂糖不使用だから、カロリー控えめ?
●ポリフェノールはワインとチョコだけに含まれている?
●ご飯は太る? スパゲッティは太らない?
●野菜ジュースは野菜を食べた代わりになる?
●アルカリ性食品で血液をアルカリ性に変える?
●ポテトチップスに有害物質?

誤解だらけの食情報を検証する
アミノ酸は体によい? ワインはアルカリ性だから、体にやさしい? ビタミンは、天然がよくて、合成はだめ?
健康との関連で食を語ることが「常識」となった今、確かな根拠がないままに、まことしやかに語られる「食べもの神話」の数々を科学的に検証。
食べものが健康に及ぼす「効能・効果」を過大(あるいは過小)に評価する「フードファディズム」から身を守り、正しい食の知識を身につける!


内容(「BOOK」データベースより)
アミノ酸は体によい?ワインはアルカリ性だから、体にやさしい?ビタミンは、天然がよくて、合成はだめ?健康との関連で食を語ることが「常識」となった今、確かな根拠がないままに、まことしやかに語られる「食べもの神話」の数々を科学的に検証。食べものが健康に及ぼす「効能・効果」を過大(あるいは過小)に評価する「フードファディズム」から身を守り、正しい食の知識を身につける。


レビュー

科学的根拠が無く噂に過ぎないものから、巧みな宣伝広告により信じ込まされてしまったものまで、様々な「食べもの神話」を解き明かし、「栄養はバランス良く摂る」「食べ物は薬でも毒でもない」「食生活のみが病気の原因ではない」と言った当然とも言えることを納得させてくれる著作となっている。

健康に良いとされる特定の成分を他よりも多めに含んでいるだけの食品が過剰に推奨されていることや、天然・植物性・アルカリ性と言う単純な区分けでそれを良しとしてしまうことなど、様々な神話を示し、科学的データを元にそれを検証している。
また、清涼飲料のキャッチコピーの分析も見事で、「アンバランスな現代人の食生活を考えた…」との一節は「アンバランスな現代人の食生活を改善してくれる」を意味しないことなどを的確に指摘している。
現代にはびこる食べもの神話のほとんどは、健康やダイエット関連で売り上げを伸ばそうとする食品・飲料メーカーや製薬会社、出版社、放送局などの意向が強く働いているではないかと思えてくる。


フードファディズム(food faddism)という聴き慣れない言葉がある。食品が健康や病気に与える影響を大げさに評価したり信奉したりすること、つまり「食品情報の煽動」である。
具体的には「紅茶きのこ」「酢大豆」「野菜スープ」等の健康効果を謳う食品が爆発的に流行したり、反対に「砂糖は太る」「炭酸は骨を溶かす」や「自然」で「植物性」のものがよく、「人工」「動物性」は悪いといった根拠もなく判断する傾向のことをいう。
著者は「万能薬になる食品も、有毒物のようになる食品も基本的にない」とし、食品栄養学の立場から様々な食品情報を検討しフードファディズムの横行を警告している。
「食べもの神話」に惑わされるのではなく「バランスの取れた食生活」が大事なことを教えてくれる本である。


スポンサーサイト


スポンサードリンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。