ダイエット無料紹介所☆

ダイエットといっても何をしていいかわからない…もうリバウンドは繰り返したくない! あなたにぴったりのダイエット方法を探してくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

早く肉をやめないか?―狂牛病と台所革命

早く肉をやめないか?―狂牛病と台所革命 (狂牛病と台所革命) (単行本)
船瀬 俊介 (著)


商品の説明

日経BP企画
早く肉をやめないか? 狂牛病と台所革命
ベストセラー『買ってはいけない』の著者が、狂牛病の正体から現代人の食卓への影響までを書く。狂牛病は動物が同種の肉を食べることにより体内に生まれる異常なたんぱく質が原因だ。牛だけでなく、親族の死体を食べるニューギニアの種族や、産後に胎盤を食べる羊に狂牛病によく似た病気の発現例が多いという。また、当初から対応のまずさが指摘される日本政府の動きを整理しているが、改めて政府の危機感のなさが浮き彫りにされる。
 本書は最後に肉を食べない生活を提案しているが、肉好きの現代人にとってそれは「言うは易し…」というのが本音だろう。論調が「肉悪者論」に偏り過ぎるきらいはあるが、冷静に一読し、目の前の肉を食べるか否かを判断する材料の1つにしたい。


(日経ビジネス 2001/11/12 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)


内容(「BOOK」データベースより)
死の病原体はイギリスを発火点にフランス・ドイツなどヨーロッパで猛威を振るっている。しかもその感染力は種の壁を超え、食肉を通してついに牛から人間へと至った。狂牛病の潜伏期間は10年から20年。忘れたころに発病し、脳がスポンジ化しつつ衰弱死を迎えるという、悲惨な病症だ。それが海を越え、もう日本に侵入している。本書はその真相を伝え、自分と家族を守る方法を説いた。



レビュー
数年前に読みましたが、アメリカ産牛肉輸入再開が報じられている
今の時期に読んでみるのもいいのではないでしょうか。
今でこそ牛肉には注意しなくてはいけないという意識を多くの人が
持っていますが、この本が書かれた当時は物議を醸したものです。
そう言う意味では筆者の勇気を評価したいし、この本に批判的な
人たちが、今どんな感想を持っているか、興味があります。
ちなみに、私も肉はあまり食べませんが、体調に問題はありません。


BSEが大問題になった2001年に出版された本ですが、単にBSEを論じるのではなく、肉全般について掘り下げている内容となっております。本書で船瀬さんがご指摘されたように、2004年に安全なはずのアメリカ牛で狂牛病が発生し、タイ・中国で鳥インフルエンザが発生しています。
マクロやベジの方ならあたり前のように読める内容かと思いますが、レンダリング・プラントのあたりはさすがに刺激が強すぎます。レンダリング・プラントの本当の実態は大手マスコミにほとんど出ないので、船瀬さんの身の安全が心配になるほどです。

アルツハイマー患者は全米に400万人程度いるが、症状が狂牛病に似ているため、誤認されている可能性が高いという学者の意見は背筋が凍ります・・・

いずれにせよ、エネルギーを大量に消費する肉食は近い将来に高級食、つまり年に数回のご馳走になる可能性が高いのは人口増加数からも明らかだと思います。


知らぬが仏というでしょう。知っているから怖いのですね。総合的に見て病気でないだけで、科学的にはもうあなたは狂牛病です。だから、次の世代までの間で止めるようにしましょう。この本の価値はそこにあるでしょう。


著者は「あぶない電磁波」の著者であり、「買ってはいけない」の執筆者の一人でもある。
いわゆる環境ゴロといえ、いま日本でこういった科学的根拠に欠けた、一般大衆に恐怖感を抱かせる啓蒙書を書かせたら一番であろう。
このていどの本に踊らされる大衆を見るのもまた面白いが、風評被害の蔓延を見るにつれ、著者対して不快感以外の何も感じない。

スポンサーサイト


スポンサードリンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。