ダイエット無料紹介所☆

ダイエットといっても何をしていいかわからない…もうリバウンドは繰り返したくない! あなたにぴったりのダイエット方法を探してくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

味のなんでも小事典 (ブルーバックス) (単行本)

味のなんでも小事典 (ブルーバックス) (単行本)
日本味と匂学会 (編集)


商品の説明

出版社/著者からの内容紹介
「プリン+醤油=ウニ」は本当だった!

こんなにあった!「味」にまつわる身近な疑問や謎
なぜおしるこに塩をひとつまみ入れると甘味が増す? ワサビは辛いのに、なぜ食べても汗が出ない? なぜコーヒーやビールのような苦いものをおいしく感じる? 冷えた味噌汁はなぜまずい? など、毎日の生活の中から出てくる疑問ばかり全84項目をとりあげ、舌と脳で感じる「味」のふしぎをやさしく解き明かす。楽しみながら味のすべてがわかる、味の入門書決定版!

<こんな疑問に答えられますか?>
●鼻をつまむと味がわからなくなるのはなぜ?
●薬はなぜ苦い?
●80℃のお風呂には入れないのに、なぜ80℃のお茶は飲める?
●「あとから辛くなる」のはなぜ?


内容(「BOOK」データベースより)
なぜおしるこに塩をひとつまみ入れると甘味が増す?ワサビは辛いのに、なぜ食べても汗が出ない?なぜコーヒーやビールのような苦いものをおいしく感じる?冷えた味噌汁はなぜまずい?など、毎日の生活の中から出てくる疑問ばかり全84項目をとりあげ、舌と脳で感じる「味」のふしぎをやさしく解き明かす。楽しみながら味のすべてがわかる、味の入門書決定版。


レビュー
食品の安全性に関する興味関心が一連の事件以降助長され、それに便乗した「危ない」シリーズとは完璧に一線を画した本です。科学の力を官能の世界に当てはめた研究者の努力が手軽にわかる本です。味はさらに科学的アプローチを必要とする分野であり、裏技の解剖、種明かしがさらに味を変えていく。味と脳、味と身体の関連はさすが手軽でもブルーバックス。科学の扉がいっぱいです。


商品の詳細

単行本: 290ページ
出版社: 講談社 (2004/4/21)
ISBN-10: 406257439X
ISBN-13: 978-4062574396
商品の寸法: 17.2 x 11.2 x 1.8 cm




スポンサードリンク

牛乳には危険がいっぱい? (単行本)

食品添加物の危険度がわかる事典―天然・合成のすべてをチェック (単行本)
渡辺 雄二 (著)



商品の説明

出版社/著者からの内容紹介
完全食品のはずの牛乳が、実は身体にさまざまな不調をもたらしていた…。最も身近な食品の驚くべき実態について、米国医学博士が多くの資料などをもとに鋭く指摘。

内容(「BOOK」データベースより)
あなたはウソの健康情報を信じていませんか?にきび、貧血、アレルギー、心筋梗塞、脳卒中、がん―アメリカ医学界の権威が明かす、驚くべき事実の数々。


レビュー
この本は4年前くらい前(初版)に読んだのであるが、その時の反応は「えっ!?うそ?」だった。
「牛乳とは体にいいもの」「牛乳はカルシウムがいっぱいで、背が高くなれる」とか子供の頃から言われ続け、高校生の頃は毎日牛乳パック1Lを盲目的に何も考えず飲んでいたが、当然お腹は毎日壊して、ピーゴロゴロ!!
人前でもお腹がゴロゴロしていたので、すごく気まずい思いをしていた。
高校を出てからは、身長なんかもう伸びっこないし、うんざりして牛乳を飲むのをやめたのだが、やめてからお腹はゴロゴロしなくなった。今から考えたら、「牛乳って体に悪かったんだ!」ってなんで気付かなかったんだろうか?
本書の中にも「牛乳とは牛の乳。牛乳は子牛が飲むものだから、人間にいいはずがない。人間が飲むのは母乳」と書いてあるが、冷静に考えたらそうだよなあ。
無知とは本当に恐ろしいものだとつくづく感じてる。
もう一つ述べるなら、牛乳をここまで普及させているのは旧GHQ(アメリカ資本)と、牛乳普及協会(牛乳のCMを垂れ流している)という集団なのだが、なんとかならないものか?子供なんか学校給食で牛乳(極端に言えば一種の毒)を押しつけられて飲まされているが、利益さえ確保できれば子供の安全なんかどうでもいいのか?
しかも牛乳を普及させるやり方が汚い。人気まんがのキャラクターに「牛乳は体にいい」とか言わせている。(例えば某まんが雑誌で、ゴ○ゴ13に、「牛乳を飲んでいるから強いんだ」とか言わせている)
これから子供を持つ予定の人は一度読んでみたらいいだろう。
カルシウムを摂りたければ、牛乳以外にいくらでもあるだろう(例えばワカメとかの海藻類)。
あと蛇足だが、旧GHQは戦後、「米を食べるとバカになる」というデマを流したが、多少成功しているものの、大方は失敗しているというのは言うまでもない。


牛乳は本当に体に悪いのだろうか…と思って、何冊か本を読んだうちの1冊です。
私の結論としては、やはり飲まない方がいいようだ、です。最新の栄養学説を見ても。

最近のカルシウムのサプリメントを見ればわかりますが、ほとんどがマグネシウムも一緒に
配合されています。マグネシウムがなければ十分に吸収されないからです。しかし、牛乳には
マグネシウムは含まれていません。これだけでも、カルシウム補給には不適切とわかります。

また、「低脂肪牛乳」があることからわかるように、普通の牛乳は「高脂肪」牛乳です。
乳糖不耐性の問題もありますし、確かに牛乳には身体にいい成分も含まれているかも
しれませんが、それ以上に身体に悪い成分が多いようですね。

「私の子供たちは毎日牛乳をたくさん飲んで元気に育っています(だから牛乳は安全です)」というのは、
「私は毎日タバコをたくさん吸っていますが元気なので、タバコは安全です」というのと同様に
ナンセンスです。「一例だけで」「ほんの短期間だけで」のデータは、統計的に意味はありません。


私は妊娠中から卵・牛乳を絶っていました。
生まれてくる子供にアレルギーが出やすくなると聞いたからです。
でも まだ一般的ではないようです。産後も母乳育児をしていたので卵・牛乳断ちを継続しました。別にカルシウム不足にはなりませんでした。
今では5才と1才になった子供達、家ではあいかわらず牛乳を飲んでませんが体は丈夫です。(ヨーグルトとチーズは食べます。)しかし自衛にも限界があり、保育園では毎日のように飲んできます。
これから学校にいくようになっても続くのでしょう。止めて欲しいものです。この本を読んだのは最近ですが、「やっぱりそうか!」と思いました。素人でも親は子供を守るために ちゃんと研究してるのです。








スポンサードリンク

もう肉も卵も牛乳もいらない! (単行本)

もう肉も卵も牛乳もいらない! (単行本)
エリック・マーカス (著), 酒井 泰介 (翻訳)


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
心臓病、ガン、肥満を防ぐにはこれしかない!健康、動物愛護、環境保護の観点から、私たちが菜食生活を選択すべき理由を示す。

内容(「MARC」データベースより)
すべての動物性食品は、百害あって一利なし! 健康、家畜動物への共感、飢餓撲滅・環境保全の観点から現代人が完全菜食を選ぶべき理由を示し、完全菜食生活こそが豊かで知的でパワフルな現代的ライフスタイルであると説く。


レビュー
この本を読むまでは肉(特に牛)が元々嫌いなこともあり、肉を食べない食生活でした。
でも肉だけをやめているからといって家畜動物の現状が変化するわけではないのだと
この本を読んで知りました。
なぜなら牛乳・卵を供給するシステム自体にもすでに動物にとって
過酷な現状があるからです。

私はその事をこの本を読むまで知りませんでしたが、
読んで以来、魚・卵・牛乳を止め、ヴィーガンになる決心をし、実践しています。
でもあらゆる製品(特にスーパーやコンビニで手軽に買えるもの)には
すでに肉や魚(エキスとしても)・卵・牛乳のどれかが入っているものが多いので、
日々戸惑いますが、なんとか自分で工夫して菜食ライフを楽しむようにしています。


この本を読み始めたその日から、ヴィーガンになりました。
今日で3週間目になりますが、肉も卵も牛乳も採っていません。
体重も3キロ落ちてきました。
「人間は本来満腹になるまで食べても太らないもの。太るのは、食べ物を誤っているから」というお話で目が覚めました。
幸い家内も理解してくれましたので、毎日ベジタリアン料理を楽しんでいます。
いい本です。
長生きできる自信がでてきました。


先月の初めにこの本を手にしてから、
案外抵抗感なくするすると読むうちに、ちょっとやってみようかと思い、
アニマルフリーな食事生活にしてみましたが、一ヶ月で5キロ落ちましたね。
本の主旨としてはダイエットのお勧めではありませんが、
ビーガン食に切り替えることで量を減らさず、中身が変わることで
体調が良いのはもちろん、好き嫌いではなく積極的に食べないものを
決めるという行為の快感にも、はじめて気づかされたと思います。
「こんな時代なんだから、やってみたらどうよ?」という感じの
翻訳者のフランクな語り口も気に入りました。


肉も卵も牛乳も必要だという
これまでの「思い込み」が、
こっぱみじんに打ち砕かれます。
そして、それらがないほうが、
体も心も快適でいられることを、
この本は教えてくれます。

今まで当たり前に食べていたのに、
やめるなんて考えられないという方も
いるかもしれません。が。

○いくらダイエットしても成功しない。
○いつもお腹がゆるい。

○カゼをひきやすい。

これらに当てはまる方は、この本に
解消する答えが見つかると思います。

私は動物性の食品を100%やめたわけではありませんが、
以前のように当たり前に食べていたときよりは、
心身ともに爽快です。
この本を読めば、自然と「いらない」生活に親しめます。




スポンサードリンク

家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法―食材の選び方、下ごしらえ、食べ方の工夫まで (単行本)

家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法―食材の選び方、下ごしらえ、食べ方の工夫まで (単行本)
増尾 清 (著)


商品の説明

出版社/著者からの内容紹介
あなたの食卓は安全ですか? 米、野菜、肉、魚を買う前に気をつける事、食品添加物、農薬を自分で落とす方法等、食の不安に答える一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
たったの数分。簡単にできる台所の知恵!肉、魚、野菜、果物、加工食品、おかず…。これで安心。


今の食品の怖さを知り、日々の食事も考えるようになりました。
そうなると買うことにも気をつけるようになり、そして
料理内容や料理法も変わってきたところでこの本を知り、早速
購入しました。

伝統的な日本の食材が今や健康食となっているのも、
こんな下ごしらえの手間があるのですね。

残留農薬や添加物に関しての不安を少し軽くしてくれる本。
あたりまえのことをしっかり行うことの大切さを教えてくれます。

粗食も贅沢になる時代。
簡単・早いの食事の時代はもう終わりなのでしょう。
おいしくて安心、体に良い食品を消費者は求めているのです。


こういう本を探していました!
買ったわけじゃないのですが、サラッと読んだだけでも
すごく勉強になります。

現代は「知恵を授けてくれるおばあちゃん」と一緒に暮らさないような世の中なので、おばあちゃんに教えてもらっていないこともたくさんあると思います。

中でも練り物(ソーセージやかまぼこみたいなもの)の下ごしらえなんて聞いたことなかったのでビックリしました。

少しでも安全に食べられるように、面倒臭がらずに下処理やっていこうと思いました。


昔ながらのしたごしらえで、食品添加物、農薬が落とせる。
昔ながらの日本料理は、活性酸素を消すことができる。
という話が主軸だった。
前半の下ごしらえの方法は、野菜からハム、ウィンナーまでいろんな食材について丁寧に書かれている。料理本に書かれていないような内容のものもある。私自身は、間違った方法で下ごしらえしていたものもあったので参考になった。




スポンサードリンク

アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート いまの食生活では早死にする―自分の健康を守るための指針 (リュウブックス) (新書)

アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート いまの食生活では早死にする―自分の健康を守るための指針 (リュウブックス) (新書)
今村 光一 (翻訳)


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
かつて田中内閣を倒壊させたロッキード事件もアメリカ上院の調査が発端だった。これは同上院の調査能力の高さを示すほんの一例である。
同上院はどんな分野に関しても世界最高の調査機関である。
他国の上院と違い、憲法上も大きな権威と権限を認められていることが、その裏づけとなっている。この権威と権限により、アメリカ上院栄養問題特別委員会はアメリカ国内ばかりでなく、世界中の権威や研究機関の頭脳を動員して食事と健康の関係を調べ、有名なマクガバン報告(一九七七年)をまとめた。

マクガバン報告が与えた衝撃はその後、日本を含め世界の栄養、健康、医学に関する流れを変え続け、いまに至る。
アメリカ国立ガン研によるガンの栄養療法の研究と治療の一大プロジェクトも、それに沿った動きである。
日本の厚生省(現厚生労働省)による「健康づくりのための食事指針」(昭和六〇年)もマクガバン報告の影響下で策定された。
世界各国の政府が、この報告に影響されて新しい健康政策を進めている。
日本の社会と学界に大きな衝撃を与えた本書旧版に、その後の諸研究を増補する改訂を行い、健康と医学を原点から考えるための最新版を読者に贈る。

内容(「MARC」データベースより)
アメリカ上院栄養問題特別委員会レポートが示す衝撃の事実。薬や手術を主体とする現代医学に根本的な批判を加え、食物の栄養を重視したその内容を間にはさみながら、健康を守るための指針を示す。94年刊に次ぐ改訂最新版。


レビュー
この本は、アメリカ上院栄養問題特別委員会レポートの抄訳、編集したものを今回の再改定で追加・改定部分を筆者今村光一氏の責任で加筆されています。
今までの食生活にふと「疑問」を感じさせる一冊です。

食について読む最良の本であることは間違いがありません。

私はボランティアでこの本を配っています。それくらい衝撃の内容でした。


商品の詳細

新書
出版社: 経済界; 改訂最新版版 (2002/07)
ISBN-10: 4766703480
ISBN-13: 978-4766703481
商品の寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm




スポンサードリンク
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。